気功体験記
気功の練習で体験したこと、思ったことを書いています。ちなみに私に専門的な知識はありません。(すみません) ただ、自分で感じたことを書いていければ・・・と思っています。
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯がゆく思われているかしら
さあ、ここまでやったから、もう終わり♪
と、あくまで自己満足の範囲で終わろうとするわたしに・・・、
さあ、もうこの場をはなれてと、
一歩踏み出そうとした、その時!
「終わってない」
のお声が・・。

そうですよね・・。
なんとなくわかってはいたけど・・。
やっぱり、終わっていないよね・・。

わたしの両隣りはすでに、
終了し、人がかわっているけど・・・。il||li _| ̄|○ il||l

まるで・・。
気持ちを整えるふりをしながら(たぶんばれてるけど)
隣りの人をみると・・。

「はい、だして~」
「はい、力をいれず~」
「はい、今!」
というとき・・ダウン・・。
まるで・・わたしみたい・・。

今なのに・・。
今出せば明日は違うのに・・。

もう一度。

「はい、だして~」
「はい、力をいれず~」
「はい、今!」
というとき・・ダウン・・。

お・・おしい!!
からだが拒んでしまっている・・。

ってわたしがそうだ!
わたしが一番そうかも・・。
時間をかけていただいて・・。

わたし・・こういうふうにやってたんだ・・。

わたしの番がきた・・。
「出して」といわれたとき、
そのアドバイスを素直に聞くことが大切・・。
ちゃんとしないと・・。

「はい、だして~」
「はい、力をいれず~」
「はい、今!」
一生懸命やりました・・。
「はい!もっと!!」
も・・もっと・・。
「足でふんばらない・・足から呼吸して・・」
そうそう・・。
「はい、出して!!」
限界が・・。
「頭で考えない・。カラダに素直にしたがって・・」
はい・・。
・・・ダウン・・・。

あと・・少しだったのに~。
と、自分で思う。
もうすこし、できたはず・・。
でも、そのときは限界に感じてしまった・・。
おしいな・・。

お願い・・あともうちょっとがんばって!
あと、ちょっとだよ!!
とわたしは隣りの人をみて思った。

では、自分は???

むかし、先生がおっしゃた言葉で
「強制的に変えることはできるが、それは意味が無いし
本人が耐えれない・・」

先生にしてみれば、強制的に変えてしまったほうが
楽なはず・・。

それを、それぞれにあわせ、待っているということですか・・。
あと、ちょっとができないとき、先生からみるとそれは
どんなに歯がゆいことだろう・・。
だが、ある一定以上を超えて強制的にしてしまうと、
からだもこころも本人が耐えれなくなってしまうから・・。

だから
毎回毎回まっているということ・・。
自分でできるだけのところで、とどめるということ。
それは、じぶんで成長していくちからを身につけられるように。

先生ご自身ででやってしまったほうが
どんなに、手間がかからず、
どんなに、負担がないことか・・。

気が遠くなるような話・・。

そこまで、待つというのを現実にみせつけられ、
わたしは今、そこまで愛情をもって
待つということができるだろうか・・。

日常生活で、出来ているだろうか・・。

今は、失礼のないように・・。
できるだけ、こたえられるように・・。
練習を積むしかできないのだけど・・。

いまは、それしか、できないなぁ~。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
先生のご苦労を思うと・・。これくらいしか出来ないのが情けないのですが、
今はこれ以上のことをやろうとすると、それこそ勘違いな気持ちと行動を
してしまいそうで・・。
今、できることをやっていこうと思います・・。
もしよろしければ、応援ぽちっお願いいたします♪
励みになります・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いし
ます(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
雨のち晴れ
その日の練習は・・。
さんざんな結果だった・・。il||li _| ̄|○ il||l

前回のこと(4/29)以外、何かあったわけではない。
だが、気をいれていただいているうちに、
急に気持ちがわぁ~っと湧き上がってきてしまった・・。

自分がわかっているようで、何もわかっていないこと。
知っていたようで、何も知らないこと。
何かお役にたてるよう・・と思っていても
ほんとは誰にも何の役にもたっていなかったこと。

自分がどんなに、わがままだったか・・。
自分がどんなに、エゴが強かったか・・。
自分がどんなに、自信過剰だったか・・・。

そんな気持ちが不意に湧き上がり・・。
気持ちのおさまりがつかず、
がまんできなくなってしまった・・。

で・・泣いてしまった・・・。
練習で・・。

気をいれていただいているときに・・。
涙がほほをつぅーと流れた・・。
だったらよかったが・・。

涙はあふれでてとまらず、
かといって、
いちいちハンカチでぬぐうなどということはしないので、
服でごしごし目を拭いた。
今にも、嗚咽しそうなそのわたしの様子は
周りに微妙な空気をつくってしまった・・。il||li _| ̄|○ il||l

見てみぬふりをしてくれた方、
お気遣いありがとうございます・・。

これが5/2の練習。

練習が終わり、
ひどい落ち込みモードで、
前回の記事(4/29にあったこと)を何とかアップ。

次の日、コメントのお返事をさせていただきながら・・。

自分がわかっているようで、何もわかっていないなら、
知っていたようで、何も知らないなら、
何かお役にたてるよう・・と思っていても
ほんとは誰にも何の役にもたっていなかったなら、

もう一度やり直そう・・と、
もう一度新たな気持ちで始めよう・・と

復活♪(ええ、単純です・・。)

5/8日の練習は、新たな気持ちで
始めることが出来ました。

約2~3日、悩みましたが・・。
泣きましたが・・。

一旦、涙で洗い流したと思い、
なにもわかっていなかった自分に向き合った
練習。

その日は・・。
先生に言われました・・。

「ちょっとわかったか・・。
まだまだだけどな・・」

最後に。
先生、質問です。

わたし、泣きました。
本当につらかったんです。

なのに・・なのに・・。
どうして痩せなかったのでしょうか???
身も細る思いだけはした”つもり”です。

食べるものは食べたからですか。
飲むものは飲んだからですか。
そのまま泣きつかれて寝てしまったからですか。

あっ・・。無理かも・・。il||li _| ̄|○ il||l


先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
お役に立てるブログではありませんが、読んで下さった方が
いらっしゃる・・と思うと元気がでます・・。
落ち込みモードの時・・。
前回の皆様からのコメントからのお言葉や
お返事を書かせていただくことで、元気がでてきました。
皆様、コメントをいただき、本当にありがとうございました・・。
おかげさまで、5/8日の練習は心機一転がんばることができました。
ありがとうございます・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
相手をおもって・・。
春になり、みんな体が変わりはじめ・・。
気になるのは他の人はどう変わったかしら???

「最近どうなの?」から始まる言葉は自然に
「最近特に変わった?」やら
「最近何かあった?」という会話になり、
目は興味深々。耳はまさにダンボ状態。

それは、よくあるご近所の風景とまったく同じ。

そんな中、

「変わるのわかってても、よくなるってわかってても
自分で止めちゃうのよね~」というBさんの発言は・・。

どうして~??と驚かれていた・・。
わたしには、わかる・・・。

わたし自身がそうであったし、今もそうである時があるから。

Bさんは最近、順番になっても並ばない。
何かいろいろと考えていらっしゃるのはわかってた・・。
だけど・・・言葉が見つからない・・。

なんて言ったらいいだろう??
なんて伝えたらいいだろう・・・。

姿をみかけるたび、なんとなく気になりつつも
なんとなく声をかけそびれていた。

そんな時にBさんのその言葉。
これはチャンス!
今がチャンス!!
話せるチャンス!!!

勢いあまって出た第一声。
「それは、自分のことを考えているからじゃない??」

ち・・ちがう・・。こう伝えたかったんじゃない!!

「わたしもそうなんだけど、よくなるってわかってて
できない時、あと一歩踏み出せるかどうかはやっぱり
自分のためだけではできないと思う・・。
と・・慌てて付け加えたものの・・。

Bさん、しょんぼり・・。
しまった・・明らかに間違っている・・
・・・わたし・・。

「わたしもわかっているの・・。
だって変われるってわかってて止めちゃうんだから・・。
みんなにも、先生にも悪くて・・だから並びにくくて・・」

「でもBさんが変わったらきっとみんなに伝えてくれることで
みんなも変わっていくこともあるし・・ねっ♪」

「たとえば~」と、言おうとしたら、
「はじめま~す」の声が・・。

えっ~。今?今なわけ??間が悪すぎる・・。
Bさんしょんぼりしてますが・・。
(わたしのせいで・・・)
いや、悪いのは間のせいではなくて
わたしの伝え方のせいなのだけど・・・。
どうしよう???

先生の順番がまわってくる・・。
やっぱり並ばないBさん。

でも、わたしにできることはここまで。
これ以上は無理に誘えない・・。
あとは任せよう。

あとひとり、あと一人と順番は進む。
次は・・Bさん。
来た!!
「次・・わたしの番なの・・」

よかった~。ほんとうによかった!

そして、その後でタイミングが合い、わたしの家族のことなど
含めていろいろとお話することができました・・。

人に伝えたいと思うことと、その人が必要としている事とは違う。
たとえ同じ方向性のものであっても。

わたしはBさんに順番に並んでほしかった。
はやく変わってほしかった。

だが、伝えたのはあくまでわたしの気持ち。
Bさんにとって必要な言葉であったかどうか。
何かが違うような気がする。

もし、Bさんにとって必要な言葉を、言えたのなら
反応は違っていたはず・・。行動もちがっていたはず・・。

きっと、言葉ではないのだろう・・。
言葉を聞いたときに、人の表情が変わるときがある・・。
相手を想い、感じて、本気で願ったとき・・。
言葉はあふれでるのだろうか??

わたしにはまだ、わからないけれど・・。

ただ、わかったのは、きっとまだ何かが足りていなかった。
Bさんに対して、何かが至らなかった・・。

またつぎの練習にはげみます・・。

大切なことを教えてくださってありがとう・・。
Bさん。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
何となく違うと感じながら口にだしてしまうこと・・。
ほんとうはもっと違うことを伝えなければいけないのに、それはわかっているのに
どう伝えていいかわからず、あいまいなまま終わってしまうことがあります・・。
まだ、本当に相手を思える気持ちが足りないのかな・・。
きっとまだそこまで自分の枠がひろがっていないのでしょう・・。
みなさま、いつもありがとうございます・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いし
ます(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
真向法3/4
今回ご紹介させていただくのは、真向法という体操です。
前回の続きになります・・・。

今回の形は・・・下の図を見てください・・・。
相変わらず、「宇宙人的」になっているわたしの絵。il||li _| ̄|○ il||l

これも多分皆様、ご存知かと思います。学校でやった柔軟体操のうちの1つです

今回もすこ~しやり方が違います。

今回はひざをまげ、足の右足の裏と左足の裏をつけます。
絵では、床から膝小僧までの角度は30度くらいにしましたが、(すっごくわかりにくいですが)
最初は床から45度から60度くらいは上がってしまうと思います。

ですから角度はあまり、気にされずに・・。

基本的には前回と同じ方法です。

では・・・。

4-3-1


まず、イメージします。体の70%は水分でできています。

体はまるで・・・水のはいった風船です・・・。

水のはいった風船(からだ)をすこ~し前に傾けます。
このとき、気をつけていただきたいのは、
けっして首の付け根(肩甲骨と肩甲骨の間)をつめない(丸めない)こと。

背中を無理に曲げて、無理やり前に倒れようとしないで下さいね。
今回はその時、必ず腰に力がはいらないように・・。
腰を左右に広げるように力がぬけるといいのですが・・。
これはちょっと分かりにくいかもしれません・・。
腰にカイロがあたっているように気持ちよくできればOKといことで・・。
無理はしないでくださいね・・。

4-3-2


では、そのためには・・・。

まず、首、肩のちからをぬき、背中に力が入らないようにします。
動くのは1cmでも1mmでもいいのです。大切なのは無理に前に倒そうとしないことです。

そして動くときは必ず呼吸も一緒に♪。息を吐いてくださいね。
呼吸はほんとうに大切です。ひとつひとつのちょっとした動作を
呼吸とともに行うとそれだけで違ってきます・・。

水の入った風船を床に置くと、下にずっしり重みがかかります。
水の入った風船が、上体だと思ってください。

水のはいった風船(上体)がじっくりと下体に重みがかかるような感じです。

ここで気をつけていただきたいことは、 前回と同様、
「腰から曲げる」のではなく、上体を股関節に擦り込むという感じです。
股関節と上体のあいだに紙かなにかを挟むという感じです(わかっていただけるでしょうか・・)
開脚でしたときよりも、感覚はわかりやすいかもしれません。

ちなみに・・特に女性の方ですが、前に傾けるのも難しい方がいらっしゃるかもしれません・・。

股関節がちょっと・・硬い方は・・。

そのような場合は、そのままの姿勢で結構です・・。
足の裏をつけだだけの状態ということです。
カラダが傾けにくい場合、たぶん、膝小僧と床は45度以上離れているかと思います。

そのような場合は、からだを無理に傾けず、膝を上下にゆらすだけ・・にしてくださいね。
無理にやわらかくするのが目的ではないので・・。
テレビをみながら・・おしゃべりしながら・・でいいと思います。
楽しんでいただければ・・。

今回も最初は本当にわかりにくいし、やりにくいかと思います。
ですが動くのは、1mmからでもいいのです。
大切なことは、首や背中を固めずに行うこと。
そして股関節と上体のあいだが浮かないように・・。
つまり、上体と股関節の間で紙を挟むような気持ちで・・。
今回も、前に倒れることが目的ではないので・・・。

今回のポーズもわたしは、昔、前に傾くことさえ出来ませんでした・・・。
どうしても背中がま~るくなってしまったのです・・。
今は週に2回練習し(相変わらず少ないです。il||li _| ̄|○ il||l )
なんとか背中を曲げずに、からだを傾けていくことができました・・。
地道に行えば結果がでてきます・・・。

おうちでできるので、よろしければお試しを・・・。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
今回も基本という体操の前に行う真向法という体操を書きました。
この運動も皆様になじみのあるものですので試していただくのにいいかなぁと思
い書いてみました。
真向法をすると、足のほうに気が通りやすいそうです。
あくまで、わたしの習っているやり方ですので多少?違いがあるかもしれませんが、もし、よろしければ、お試し下さいね。(無理のない程度にですが・・・)


皆様、大変分かりにくい絵とともに、読んでいただきありがとうございました。
本当にいつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。そして・・今回家族で旅行にいったため、うまく体験を書くことができませんでした・・。ごめんなさい。ネタ切れのような記事になってしまいました・・。ようなっていいますか・・そうなんです・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
伝える・・。
春は・・からだが変わりやすいせいか・・。
ここのところ人数も少なめ・・。
みんなちょっと引いているのだろうか・・。

ということで・・回ってくる順番。

ああ、次だ・・。
もう、次だ・・。
これではまるで注射をまっている子供となんら変わりない・・il||li_| ̄|○il||li

今回新しく追加された課題。
受身にならない。
人に何かを伝えるように気をだすこと。

先生「はい、もっと気をだして~」
わたし「はい!」(返事はまじめ)

先生「ほら!だして・・・」
わたし「はい!」(出してますが・・といいたいのをぐっとこらえる)

先生「まだまだ!!」
わたし「・・・」(しんどくて返事ができない・・)

先生「ほら!そうやって自分を守らない!!」
わたし「・・・・」(それは・・・わかる・・・)

何回くりかえしただろう・・。

先生「気持ちを前にもっとだして!!!」

そこまで・・そこまでおっしゃるのなら!
よ~し、こうだ!
こうやって~。
こうやってやる~!こうやってやるぞ~!

すると・・猛烈な吐き気が・・・。

へっ・・なんか違うのか???

先生「ち・・・ちがう!気をあげないで・・。
ヒステリーでやったらいけないから・・。なっ♪」

先生、今何とおっしゃいました???
ヒ・・・ヒステリー???
もしやわたしがヒステリーとおっしゃた???
あのこめかみがき~んと痛くなるヒステリー??
歯をくいしばってカナキリ声をあげるヒステリー???
いつの間にか肩があがり、吐く息もぜーぜーとなる
ヒステリー???
どういう意味でしょうか・・。

あまりにも、「気を出して」といわれたためか

歯をくいしばり、
先生を睨み付け、
出せといわれたものを一生懸命キーっと・・

なっていたのは、
間違いなく前述のヒステリーil||li_| ̄|○il||li

時間をおいて、少し落ち着きを取り戻した?わたしに

「背中のちからを抜いて、
気をうえにあげない・・。
「大勢の人に何かを伝えるように・・・、出して!。」

やってはいるのだが・・

先生「それでは気持ちが伝わらない・・」
「気持ちを伝えるには自分の気持ちを出さないと」

「上にあげない・・・」
「感情的にならない・・」
「はい!今出して!!!」

やってもやっても・・できなかった・・。

やらなくちゃやらなくちゃ・・と思いつつできないのは・・
最後に自分を守るから・・。

背中のちからをぬき、感情的にならずに気持ちをだすのは
かなり難しい・・。

感情的に何かを伝えてしまうか
(実はこのばあいは伝わってほしくないものの事のほうが多い)
何も伝えずにそのままにしてしまうか・・・
どちらかをやってきていたから。

感情的に何かを伝えてしまうと、気があがり(アタマがのぼせ)
言葉にこころがこもらず、口から感情のみがでてしまう・・。

何も伝えずにしてしまうのは
「ああいわれたら、どうしよう・・」
「こう思われたらどうしよう・・」
と背中をかためて自分を守るとき。

わたしはついつい背中をかためて自分をまもってしまう・・。

相手に何かを伝えるように気をだすのは、
今のわたしにとってかなり難しい。

今まで自分がおこなってきたこと、
今まで自分が言ってきたことは・・。

人にどう伝わっていただろうか・・。

改めて反省・・。

最後に先生から
「まだまだちょろいぞ!」

と、と~ってもありがたいお言葉を頂戴した。

ありがとうございます・・。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!(ほんとうにありがとう・・。ごめんね・・時間かかって)
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
今回はうまくいきませんでした・・。くやしくて、思わず泣きそうになったときも・・。
ただ、泣くと感情がうえにあがり、せっかく気をいれていただいているのに、もったいない・・。
泣く暇があったら、やらないといけないのは、わかってる・・。
少し涙はでましたが・・なんとかやりました。(うまくいかなかったのですが・・)
これからも、言われたことを素直にきけるように
(聞いているつもりで実は”聞かないんです”わたしil||li_| ̄|○il||li )
がんばっていこうと・・・思います・・。
いつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)
人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
copyright © wakomi all rights reserved.
template by Pixelnaut Artworks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。