気功体験記
気功の練習で体験したこと、思ったことを書いています。ちなみに私に専門的な知識はありません。(すみません) ただ、自分で感じたことを書いていければ・・・と思っています。
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気功をはじめたきっかけ
今日は気功をはじめたきっかけ・・・
わたしは当時、"気分だけダイエット"のために週一回だけ、エアロビクスをならっていた。
あっ、エアロビといってもテレビにでてくるような華やかなものではありません。
近くの公民館でやっているこじんまりとしたもので華やかなエアロビ衣装は先生だけ・・・その他は普通のTシャツにジャージのズボンと、ごくごくさっぱりしたエアロビ教室。

そのエアロビ教室の先生が・・・気功を習っていたのです。
はじめ先生は他の方を誘っていらっしゃいました・・・。
それは、健康のお話をしていたようなのですが、わたしにはなぜか秘密のダイエット法のように聞こえたのです。(なぜだ・・・il||li_| ̄|○il||li)
じりじりにじみよるわたし・・・じりじりひくせんせ。
当時わたしはダイエットにとても興味があった(実は今でも!)
多分ダイエット♪ダイエット♪とって~も楽なダイエットがあればいいな♪と願いすぎていたのだろう。
エアロビの先生の話は右から左で「気功に行けば、どうやらもう少し楽なダイエット法があるのかもしれない。」とせんせの話を聞き終わった最後には妄想まで抱いていた。

わたしは、誘われてもいないのに!無理やり気功に連れて行ってもらった。
その頃のわたしの気功のイメージは気功=太極拳だった。そう、わたしは太極拳をしにいくものだとばかり思っていたのだ。
そしてこのわたしの無知さがあとで痛い思いをすることになろうとはその時は、露ほどにもおもわなかった。

練習場について・・・ひととおり基本という名の体操をやった。
当時説明があったかどうかは・・・ぜんぜん覚えていないil||li_| ̄|○il||li。
ただ、「あのぅ、ついていけてませんが、わたし」という動作は何回かあった。でもまあ終わってみれば、こんなもんだろうという程度で特別大変そうでもないし、慣れりゃなりにできるだろう程度だった。

わたしは周りの人に「どこから来たの?」等聞かれいろいろと答えていたように思う。
そこへ先生のご登場。
先生は「まぁ、大丈夫ですから。怖がらないで下さいね。」といって下さった。
あぁやさしい先生なんだなぁと思ったまでが平和な時間だった。
問題はここから。

突然あがる叫び声。
(えっなに・・・)
声はだんだんと大きくそして数人があげている。
(なっなにこれ!今まで普通の人だったじゃない。恐山かここは・・・!いや、この声はきっと悪魔祓いに違いない!)
見渡すとなんか跳んでる人までいる・・・il||li_| ̄|○il||li。

見てはいけないと思いつつ、ついついそちらを凝視してしまう・・・。
他の方が「大丈夫?」と声をかけてくれたような気もするがもはやその頃の記憶がないil||li_| ̄|○il||li
わたしの考えたことはただ一つ、ここはきっと何かの宗教団体だ!はやく帰らなくては!拉致されるに違いない!
エアロビの先生には適当に理由をつけてせめて帰り道だけでも教えてもらおう。ということで急いでエアロビの先生を探す。
だがあっちを見てもこっちを見ても見つからない。
「どこ。先生・・・」気持ちはあせるばかり。
目の前がだんだん滲んでくる(泣きそうだったんですil||li_| ̄|○il||li)
仕方なく誰かに聞いた「あの~。わたしを連れてきてくれたエアロビの先生は?」
「あっ、犬の散歩にいったよ♪」
「い・・・いぬのさんぽ・・・。」il||li_| ̄|○il||liなぜ、この大事なときにいない・・・しかも犬の散歩で・・・。ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

こんなことなら父と母に遺書を書いてくればよかった・・・。
友達に手紙書いとけばよかった・・・。
妹にもっとやさしくしてあげればよかった・・・。

そんなおばかな事を考えていると、ついにわたしにも順番が回ってきそうだった。
最悪だ・・・。
どうしよう、とりあえず
1.叫ぶ演技は絶対にできない。
2.跳ぶ演技もたぶん無理。運動オンチのわたしには多分跳ぶタイミングを先生に合わせることができないだろう。はずしたら・・・恥だ。
3.後ろ向きへいくことだけならできるかもしれない・・・。
ここまで頭でまとめあげ、なんとか他の人に近づけようと一生懸命観察する。

後ろ向きへ歩けるだろうか・・・・
後ろ向きへ行くタイミングを先生に合わせられるだろうか・・・(今思えば大変失礼だが)
転ばずに後ろ向きへ歩けるだろうか・・・

しっしまった・・・。後ろへ歩く練習しときゃよかった。どうしよう・・・

順番が回ってきた。
先生に断っておいた方がいいだろうか。
「後ろにいけなくてすみません」と・・・でもそれはそれでやばいかも・・・。
またしても目の前が滲む・・・。

「あの・・・。怖がらないで下さいね。はい、リラックスして~」
ええ先生、できればわたしもそうしたいところです。

先生に気をいれてもらうと・・・。

急に体がうしろへ!

えっこれって押してるんじゃないの????
今までの恐怖はどこへやら。
なんか急におもしろくなってきた。すごい勢いで自然と身体が後ろへいってしまう。
びゅ~んびゅ~んという感じ。
先生に「おもしろい?」と聞かれ
思わず、うん、うんと大きくうなずいた。

気を入れてもらったあと・・・・
とても胸がすっきりした。なんか胸につまっていたものが流れ落ちた感じがした。
そして当時真冬だったにもかかわらず、身体がぽかぽかと温かくなった。
わたしは身体が温まりにくく、サウナでもあまり汗をかけないほうだった。
なのに・・身体があたたかい・・・。これはすごい驚きだったし何よりうれしかった。
自分の身体が、中から温まるということが。
このうれしさは今でもはっきりと記憶に残っている。

そうしてわたしは気功を習おうと決めた・・・。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
その上、ランキングのボタンまで押していただいた方、本当に、ありがとうございます!
今日は書いていてなんだか懐かしくなりました。こんな頃があったんだなぁ~と。
最近いろいろなところで気功が紹介されていますが、やはりからだで感じるということが大事なんだなぁと改めて思います。
そして、当時疑心暗鬼ではじめたわたしですが何とか今まで続いています。
今日はこんなわたしの体験を我慢強く最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
きっとみなさんはもっと素直にいろいろ受け止めていらっしゃるんでしょうね・・・。
その点、わたしはまだまだです・・・。il||li_| ̄|○il||li
まだまだこれからですね。わたしは・・・ヽ(*’-^*)。

いつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wakomi.blog50.fc2.com/tb.php/13-832aec41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © wakomi all rights reserved.
template by Pixelnaut Artworks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。