気功体験記
気功の練習で体験したこと、思ったことを書いています。ちなみに私に専門的な知識はありません。(すみません) ただ、自分で感じたことを書いていければ・・・と思っています。
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩がすこ~しはずれる時
少しでも変わるだろうか・・・緊張しながら行った昨日の練習(だからきっとそれが違う・・・)il||li_| ̄|○il||li
先日言われたことを確実に行おうと基本から意気込みがちがう(ほら、違う)il||li_| ̄|○il||li
そのわりには、先生から気をいれてもらうのを待っている間、おばさま達としばし雑談。
その雑談の中でやっぱり言われるのは、どうやったら肩甲骨抜けるのかしら・・・
やっぱりみなさん、同じ疑問をもっていたのですね。
「わたしも出来ないんだけど・・・」というお断りをいれてから、とりあえず説明。(詳しくは前々回の「肩甲骨ゆれますか?」を・・・)
言葉だけの説明になってしまったが、わかってもらえただろうか・・・。

すると、

「足から抜かないと!」
「やっぱり、足よ!」
「そうね、足よね!」
「そうそう、足、あし」
「やっぱり、足よねぇ」

まぁ、すてきな輪唱・・・。ヽ(*’-^*)。
すこしはお伝えできたかしら・・・。

みなさん、すこ~し顔が明るくなりました。よかったぁ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

さてさてわたしの番。
あとは言われたことをやるだけですね♪。
肩甲骨を抜こうとして、肩甲骨にこだわるのではなく・・・・。
先日の注意をもう一度思い浮かべ、なるべくそのとうりにしようと意識して、先生に気をいれていただく・・。

あれっ

いつもとちがう・・・。

肩甲骨・肩のあたりがいままでと違うことが自分でもわかった・・・。

微妙に上下にゆれる・・・

「そこから、左右にゆらして・・・」先生のお言葉。

「左右?こんな感じ???」

わぁ~うごく。微妙だけど、すこ~し動く。そして・・・わぁ~楽しいと思っていたのもそれはつかの間。

肩が痛い、そしてあつい・・・まさにそこだけ熱をもっているかんじ。
なぜだろう・・・。

ここからは先生より・・・
「肩が前かがみになっていると、当然そこは血液の流れが悪くなってしまいます。
そのため、その部分は血が鬱積してしまうのです。
ですから、肩がひらかれると、そこに血液が流れ始め、その部分があつく感じます・・・。」

そっかぁ・・・そんなにわたしの肩、血液のながれがつまってたんだぁ。il||li_| ̄|○il||li
改めて実感・・・。

また、がんばろう・・・。

さてさて次の日。肩の位置がちがう!。鈍感なわたしでさえ気づくほど肩の位置が違っていた。
すこし下におちて、すこしうしろに肩がまわっている。鏡をみるとはっきりと・・・。
そしてなにより気持ちい~い。
ちなみにほんとに前かがみだったんんですね、わたし。
先生。きっと、わたしにわからせるの、さぞかし大変だったでしょう・・・。ありがとうございます・・・。すみません。

すこし肩が下におち、後ろにまわっただけで、日常生活でいろいろなことが気になった。
ショルダーバックを持つとき、電話をとるとき、パソコンで入力するとき、イスにすわったとき・・・。
様々な場面で肩に力がはいる・・・。それがとても気になる。
ああ、こうやっていろいろなところで肩に力がはいっていたんだ・・・。

たぶん今のままでは、まだまだでしょう。
でもせっかく先生のおかげで肩がすこ~し開いてのですからなんとかこれを保ちたいもの・・・。
できるかぎりの努力をします。先生。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
その上、ランキングのボタンまで押していただいた方、本当に、ほんとうに、ありがとうございます!
自分の経験だけではあまりに進展がないので(il||li_| ̄|○il||li)、
ひとりでも多くの方に理解していただけるよう、先生のお言葉もなるべくお伝えさせていただこうと思っています。
すこしでも気功というものに興味をもっていただけたら、とてもうれしいです。
今まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wakomi.blog50.fc2.com/tb.php/10-a8a1365c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © wakomi all rights reserved.
template by Pixelnaut Artworks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。