気功体験記
気功の練習で体験したこと、思ったことを書いています。ちなみに私に専門的な知識はありません。(すみません) ただ、自分で感じたことを書いていければ・・・と思っています。
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真向法3/4
今回ご紹介させていただくのは、真向法という体操です。
前回の続きになります・・・。

今回の形は・・・下の図を見てください・・・。
相変わらず、「宇宙人的」になっているわたしの絵。il||li _| ̄|○ il||l

これも多分皆様、ご存知かと思います。学校でやった柔軟体操のうちの1つです

今回もすこ~しやり方が違います。

今回はひざをまげ、足の右足の裏と左足の裏をつけます。
絵では、床から膝小僧までの角度は30度くらいにしましたが、(すっごくわかりにくいですが)
最初は床から45度から60度くらいは上がってしまうと思います。

ですから角度はあまり、気にされずに・・。

基本的には前回と同じ方法です。

では・・・。

4-3-1


まず、イメージします。体の70%は水分でできています。

体はまるで・・・水のはいった風船です・・・。

水のはいった風船(からだ)をすこ~し前に傾けます。
このとき、気をつけていただきたいのは、
けっして首の付け根(肩甲骨と肩甲骨の間)をつめない(丸めない)こと。

背中を無理に曲げて、無理やり前に倒れようとしないで下さいね。
今回はその時、必ず腰に力がはいらないように・・。
腰を左右に広げるように力がぬけるといいのですが・・。
これはちょっと分かりにくいかもしれません・・。
腰にカイロがあたっているように気持ちよくできればOKといことで・・。
無理はしないでくださいね・・。

4-3-2


では、そのためには・・・。

まず、首、肩のちからをぬき、背中に力が入らないようにします。
動くのは1cmでも1mmでもいいのです。大切なのは無理に前に倒そうとしないことです。

そして動くときは必ず呼吸も一緒に♪。息を吐いてくださいね。
呼吸はほんとうに大切です。ひとつひとつのちょっとした動作を
呼吸とともに行うとそれだけで違ってきます・・。

水の入った風船を床に置くと、下にずっしり重みがかかります。
水の入った風船が、上体だと思ってください。

水のはいった風船(上体)がじっくりと下体に重みがかかるような感じです。

ここで気をつけていただきたいことは、 前回と同様、
「腰から曲げる」のではなく、上体を股関節に擦り込むという感じです。
股関節と上体のあいだに紙かなにかを挟むという感じです(わかっていただけるでしょうか・・)
開脚でしたときよりも、感覚はわかりやすいかもしれません。

ちなみに・・特に女性の方ですが、前に傾けるのも難しい方がいらっしゃるかもしれません・・。

股関節がちょっと・・硬い方は・・。

そのような場合は、そのままの姿勢で結構です・・。
足の裏をつけだだけの状態ということです。
カラダが傾けにくい場合、たぶん、膝小僧と床は45度以上離れているかと思います。

そのような場合は、からだを無理に傾けず、膝を上下にゆらすだけ・・にしてくださいね。
無理にやわらかくするのが目的ではないので・・。
テレビをみながら・・おしゃべりしながら・・でいいと思います。
楽しんでいただければ・・。

今回も最初は本当にわかりにくいし、やりにくいかと思います。
ですが動くのは、1mmからでもいいのです。
大切なことは、首や背中を固めずに行うこと。
そして股関節と上体のあいだが浮かないように・・。
つまり、上体と股関節の間で紙を挟むような気持ちで・・。
今回も、前に倒れることが目的ではないので・・・。

今回のポーズもわたしは、昔、前に傾くことさえ出来ませんでした・・・。
どうしても背中がま~るくなってしまったのです・・。
今は週に2回練習し(相変わらず少ないです。il||li _| ̄|○ il||l )
なんとか背中を曲げずに、からだを傾けていくことができました・・。
地道に行えば結果がでてきます・・・。

おうちでできるので、よろしければお試しを・・・。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
今回も基本という体操の前に行う真向法という体操を書きました。
この運動も皆様になじみのあるものですので試していただくのにいいかなぁと思
い書いてみました。
真向法をすると、足のほうに気が通りやすいそうです。
あくまで、わたしの習っているやり方ですので多少?違いがあるかもしれませんが、もし、よろしければ、お試し下さいね。(無理のない程度にですが・・・)


皆様、大変分かりにくい絵とともに、読んでいただきありがとうございました。
本当にいつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。そして・・今回家族で旅行にいったため、うまく体験を書くことができませんでした・・。ごめんなさい。ネタ切れのような記事になってしまいました・・。ようなっていいますか・・そうなんです・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
真向法2/4
今回ご紹介させていただくのは、真向法という体操です。
前回の続きになります・・・。

今回の形は・・・下の図を見てください・・・。
・・・そして・・・前回よりも何故か、「宇宙人的」になっているわたしの絵。il||li _| ̄|○ il||l

4-2-1


これも多分皆様、ご存知かと思います。学校でやった柔軟体操のうちの1つです。今回もすこ~しやり方が違います。

そして、今回は開脚しています。
わたしが教えてもらった時には何度という決まりはなかったように思います。
基本的には90度くらいを目安にしていただければいいかと・・・。
ただ、個人差がありますので、もう少し広げられそうなら広げていただき、また少しきついようであれば、
角度を狭めていただければいいかと思います。

基本的には前回と同じ方法です。

では・・・。

まず、イメージします。体の70%は水分でできています。

体はまるで・・・水のはいった風船です・・・。

水のはいった風船(からだ)をすこ~し前に傾けます。
このとき、気をつけていただきたいのは、
けっして首の付け根(肩甲骨と肩甲骨の間)をつめない(丸めない)こと。

背中を無理に曲げて、無理やり前に倒れようとしないで下さいね。


では、そのためには・・・。

まず、首、肩のちからをぬき、背中に力が入らないようにします。
動くのは1cmでも1mmでもいいのです。大切なのは無理に前に倒そうとしないことです。

そして動くときは必ず呼吸も一緒に♪。息を吐いてくださいね。

水の入った風船を床に置くと、下にずっしり重みがかかります。
水の入った風船が、上体だと思ってください。

水のはいった風船(上体)がじっくりと下体に重みがかかるような感じです。

ここで気をつけていただきたいことは、
「腰から曲げる」のではなく、上体を股関節に擦り込むという感じです。
股関節と上体のあいだに紙かなにかを挟むという感じです(わかっていただけるでしょうか・・)

4-2-2


今回も最初は本当にわかりにくいし、やりにくいかと思います。
ですが動くのは、1mmからでもいいのです。
大切なことは、首や背中を固めずに行うこと。
そして股関節と上体のあいだが浮かないように・・。
つまり、上体と股関節の間で紙を挟むような気持ちで・・。
今回も、前に倒れることが目的ではないので・・・。

たぶんですが・・・女性の方、結構やりにくいのではないでしょうか・・・。
男性の方の方が比較的やりやすいかもしれません・・。

わたしは、昔、前に傾くことさえ出来ませんでした・・・。(開脚90度以下で)
今は週に2回練習し(ええ、少ないです。il||li _| ̄|○ il||l )なんとか、開脚90度以上で床との角度は30度位?(つまり、胸がぺったりと床にはまだつかないのです・・)です。
地道に行えば結果がでてきます・・・。

おうちでできるので、よろしければお試しを・・・。

先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
今回も基本という体操の前に行う真向法という体操を書きました。
この運動も皆様になじみのあるものですので試していただくのにいいかなぁと思い書いてみました。
真向法をすると、足のほうに気が通りやすいそうです。
あくまで、わたしの習っているやり方ですので多少?違いがあるかもしれませんが、
もし、よろしければ、お試し下さいね。(無理のない程度にですが・・・)
本来でしたら、4つの動作を一気に書き上げたいところです・・。
できないのは・・・ひとえに絵が描けない・・・。
これでも、美術の成績はよかったのですが・・・。成績とはあてにならないものです。
この「宇宙人的」な絵を描くのになんと!2時間・・・。
挙句、出来上がったものは「あってもなくても一緒のような代物」・・・。
皆様、大変分かりにくい絵とともに、読んでいただきありがとうございました。
本当にいつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
真向法1/4
今回ご紹介させていただくのは、真向法という体操です。
真向法は4種類ありますが、今回はそのうちの1つです。

形は・・・下の図を見てください・・・。(注:宇宙人ではありません。「一応」人間を描いたつもりです)
とりあえず、何とか”かたち"はわかって頂けるのでは・・・と・・・思いたい・・・。
01

で・・・多分皆様、見たことはあるのではないでしょうか???そう、学校でやった柔軟体操のうちの1つです。ただ、すこ~しやり方が違います。わたしがならっている真向法は、緊張している筋肉を伸ばすことが目的です。

では・・・。

まず、イメージします。体の70%は水分でできています。

体はまるで・・・水のはいった風船です・・・。

水のはいった風船(からだ)をすこ~し前に傾けます。
このとき、気をつけていただきたいのは、
けっして首の付け根(肩甲骨と肩甲骨の間)をつめない(丸めない)こと。

背中を無理に曲げて、無理やり前に倒れようとしないで下さいね。

では、そのためには・・・。

まず、首、肩のちからをぬき、背中に力が入らないようにします。
動くのは1cmでも1mmでもいいのです。大切なのは無理に前に倒そうとしないことです。

そして動くときは必ず呼吸も一緒に♪。息を吐いてくださいね。

水の入った風船を床に置くと、下にずっしり重みがかかります。
水の入った風船が、上体だと思ってください。

水のはいった風船(上体)がじっくりと下体に重みがかかるような感じです。

最初は本当にわかりにくいし、やりにくいかと思います。
ですが動くのは、1mmからでもいいのです。
大切なことは、首や背中を固めずに行うこと。
あくまでも、前に倒れることが目的ではないので・・・。

今回のポーズは、エアロビでいえばストレッチ、またヨガなどでも行われていますね。
あとは、それぞれの先生の教え方などによって、多少の違いはあるかもしれません。

おうちでできるので、よろしければお試しを・・・。

ugoki

bad
先生方、本当にありがとうございます!
一緒に練習をしてくれているみんな、ありがとう!
そしてそして・・・
このブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました!
今回は基本という体操の前に行う真向法という体操を書きました。
この運動は皆様になじみのあるものですので試していただくのにいいかなぁと思い書いてみました。
真向法をすると、足のほうに気が通りやすいそうです。
あくまで、わたしの習っているやり方ですので多少?違いがあるかもしれませんが、
もし、よろしければ、お試し下さいね。(無理のない程度にですが・・・)

いつも応援ありがとうございます!。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとおひとつお願いします(とても励みになります・・・)
FC2 Blog Ranking


copyright © wakomi all rights reserved.
template by Pixelnaut Artworks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。